2007年12月05日

男を悩ます女

女性のために一度も悩まされたことのない男は極めてまれであろう。
男を悩ませるとは、めんどうなことをおしつけたり、屈辱とか不愉快な思いをさせることである。 手を替え品をかえ相手を悩ませる。男を悩ませるのは10代では日常行為である。これは情緒的未成熟の産物である。
男を悩ませる理由は、男の性に対する劣等感であることが多い。また男を悩ませる女性は、父親がたえず妻や子をどなりつけたり、暴力をふるったりするような家庭に育っていることが多い。あるいは、幼児期に両親の性交の現場を目撃したり、その声を聞いたりしたことが影響する場合もある。




posted by chihiro at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛する人から贈られたエンゲージリングの保存

愛する人から贈られるエンゲージリング、永遠の愛を誓って交換するマリッジリング、こだわりにこだわって選らんだものだから、いつまでも輝くを失わず身につけていたいもの。
そこで手入れ方法
宝石は意外と傷つきやすいものだから、1つ1つケースに入れて保存したい。宝石同士がぶつかりあって傷はつく。パールやオパールなどデリケートな石はもちろんのこと、硬いダイヤモンドでも同じダイヤモンド同士がぶつかれば傷はつく。ひとつひとつ柔らかい布袋に入れ専用ケースにしまう。
パールやトルコ石、オパール、サンゴは、化粧品が全くだめ、エメラルドは殺虫剤や温泉の硫黄分ですぐに変色してしまう。 彼との愛情に傷が入らないように、こちらのケアも大切にしたい。


posted by chihiro at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚生活への侵入者たち

結婚生活をおびやかすのは誰か。永遠の愛を誓ったはずの二人の結婚生活をおびやかし、破壊するのは誰か。
離婚の原因としてどちらか一方の異性関係がまず第一位にあげられる。夫が魅力的な独身の若い女性を選ぶ場合は、結局、妻を捨ててその女性のもとえと走ることが多い。
また夫が、美しい妻を籠の鳥のように部屋に釘付けにしていると、若い色男が彼女を見つけ手練手管をつかって誘惑し、そして妻を寝とられ、夫はわらいものになる。






posted by chihiro at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。